Ninja1000でいつまでも。

へっぽこ親父ライダーの慎ましいバイクライフ第二章

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

なんてことだ

光ファイバーのケーブルをいぶき(白猫)にかじられ
ネット環境が崩壊したorz
復旧の目処立たず

しばらく放置確定

ケータイめんどくさい(≧ω≦)
スポンサーサイト
日常 | コメント:3 | トラックバック:0 |

速報

今日は息子の小学校の運動会でしたが、早めに終了したのでちょっとだけNinjaに乗ってきました


続きを読む
日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |

すっかりご無沙汰しております

またもや長期放置してしまいました。

PC立ち上げるのも10日ぶりくらいやろか?

今日は予定していたツーが雨で流れてふてくされております。


コレといったネタもないんですが、ここ最近の出来事をつらつらと書いてみましょうか。


続きを読む
日常 | コメント:6 | トラックバック:0 |

とうとうヤツが帰ってきた    先週末の出来事Part2

「なんだとうううっっ!!!」


Part1の続き。

メールにはこんな写真が。

なんだコレ


突然のことであわてたが、「そうか、ついに買ったか」思わずニヤける。



メールの主はさんご君。

かんべに行くから時間があったら来いだと


彼には2年もの間チビ忍に乗れとしつこく勧めてきたが、諸般の事情でなかなかリターンできずにいた。

今年の復活もムリだろう、あまりプレッシャーを与えてもカワイソウだと最近は連絡もあまりしないようにしてたんだが、やってくれたよ。


しかしコレなんだ?チビ忍ではないことは確かだがCBRにしてはカラーに覚えが無い。

600ccのSSにも興味を示してたからまさかね?

とにかく実物を確認だ。今日はムリだが明日一緒に走ろうと返信する。

今まさに家族サービス中だから文句は言われまい。


そうこうしているうちにさくらの迎えの時間がせまってきたので水族館を後にする。

子供たちを差し置いて自分が一番楽しんでしまったようだ(笑)


病院でさくらを引き取って帰宅。

まだ麻酔が完全に覚めておらず目はうつろ、足取りもふらふら。かわいそう。

しかし体にメス入れて、卵巣と子宮を摘出したのにアフターケアがそっと様子を見るだけとは驚き。

持続性の抗生物質の注射をしてあるから薬もいらないらしい。実際猫に薬を飲ませるのは大変なんだが・・・

さくら2
さくら3
翌日にはかなり回復し、3日後にはいつもと同じように走り回ってた。猫おそるべし。




そして日曜日。

8時集合でさんご君宅へ。昨夜バイク雑誌を引っ張り出して、写メと見比べてやはりCBRだと確信したのだが、くぼっち@さんがメールでバラしてくれた(笑)
実はさんご君復活初日にくぼっち@さんに遭遇してたのだ。オレが実際に会うまでけっこうかかったのに2人ともナイスプレー。ちょっと悔しい。

行き先は奥琵琶湖。さんご君も二つ返事で決定したがなんか雲行きが怪しい。勝手に晴れだと思い込んでいたんだが・・・

パークウェイを目前にしてついにパラパラと雨が降ってきた。

とりあえずパークウェイ入口まで走る。

パラパラと降っているのだが、路面が完全に濡れてしまうほど雨足は強くない。

せっかくだから駐車場まで上がる。

この時期落ち葉が多い上にこの雨だからムリは禁物。

コーナーで落ち葉だまりの中に突っ込んでしまったらどうなるか考えるだけで恐ろしい。


しびこ1
さんご君のCBR


結局決め手は値段だったらしいが、スタイルも気に入っているし、エンジンのフィーリングはニンジャよりこちらのほうが好みらしい。
まったく感性というのは人それぞれなんだなあ・・・

しびこ2
オレの判断を狂わせたカーボンのカウルパーツ。
これの存在も決め手だったらしい。

なるほどカッコ良くなるもんだ。
テールカウルのシルバーはボディ同色に塗ったらイイとおせっかいな助言をしたら、本人も納得してた。


二人でいるとついつい話が長くなってしまって、気が付くとヤバイ時間になっている。

幸い雨もやんでいる。いまのうちに下ってしまおうと出発。

意外にも路面はほぼドライだが、なんかあったら怖いんで抑え気味にゆっくり下る。


あとは湖岸・R307と走って帰路へ。

米原あたりで完全なウエットになったが、東近江に入る頃には晴れ。完全に行き先を誤ったようだ。

近いうちに一日ツーだと約束して解散。


しかしどうやら二人になると天気に裏切られるみたいだ。

第三者を加えるべきか思案中・・・







日常 | コメント:4 | トラックバック:0 |

胃カメラ 手術 水族館   先週末の出来事Part1

年に何度かモーレツな胃痛に襲われることがあるんだが、またしてもそれがあって、何とか薬でごまかして仕事してたんだが、昼であえなくギブアップ。

すぐに医者に診てもらったんだが詳しいことは内視鏡検査が必要だとか。

以前から何度も断ってきたがいい加減覚悟を決めなきゃと検査の予約をした。


そして金曜日。

最近は細いカメラを鼻から入れるから楽だと聞いていたが 、通された検査室にぶら下がるカメラは子供達の縄跳びより太い。検査器のディスプレイにはどうやら太さ5.5㍉と表示されてるようだ

オレの鼻の穴そんなにデカイか?

忙しない看護婦さんに胃をきれいにするマズイ薬飲まされて、鼻に麻酔のスプレーとゼリーをぶち込まれて、トドメは胃の動きを止める筋肉注射。

ここまでで既に心が折れた。

いよいよカメラ挿入だ

「痛っ!!」

やっぱり鼻の穴通る時痛いやないか。ほっしゃんすごいな。

カメラはずんずん進んで行く。途中で止まっては向きを変え、パシャパシャと撮影。胃の中でカメラがぐにゃぐにゃ動くから気持ち悪いったらない。

「十二指腸入りまーす」

「腸にまでっ?!」

どうでもいいから早く終わってくれ。

やっとカメラがバックし始めたんでもう終わりかなと思ったら、先生が手を止めて看護婦さんに目配せしてる。
嫌な予感。
看護婦さんの手にはワイヤー状のものが…
カメラの根元がパカッと開いてワイヤーがするすると入れられる。
モニターに映し出されるワイヤーの先端がパカッと開いて、何かを探すようにうろうろ。次の瞬間。


「うげっ!!」


胃の粘膜をちぎり取られた。それも2回。

声が出せないので涙目で訴える。

ようやくカメラが抜き取られ検査終了。

もう放心状態。

撮影した画像で説明を受ける。

ちょっと荒れているところがあるのと、潰瘍が治った痕が数箇所あるが、現在進行中の悪いところは無いらしく、薬で治るらしい。

まずは一安心。

最後に先生がニヤニヤしながら一言。

「禁煙やな



はいそうですね・・・


朝一の検査だったんで、終わったら仕事に行こうかと思ってたが、すでにそんな気力は無くコタツで寝てしまった。




翌土曜日。

昨日ゆっくり休んだんで、体調はまずまず。天気もいい。

休日出勤はキャンセルだ。

今日は愛猫のさくらを病院へ連れて行く。
さくら1


はやくしないといけないと思って延び延びになってた避妊手術を受けるのだ。

実は先日さくらが発情したまま脱走して、一晩行方不明になるという事件があって、妊娠してたら困るので思い切って手術をしてしまおうというわけ。

万が一妊娠してたら子猫たちはかわいそうだが、5匹も6匹も生まれたらとても飼えない。

さくらの体にメスを入れるのもかわいそうだがこれが最善の選択。

病院に預けると夕方には引き取りに来いということだ。



せっかくのいい天気だしどこか遊びに行こうと以前から気になっていたアクア・トトぎふにいってみることにする。

ここの存在を知ったのはごく最近で「世界最大級の淡水魚水族館」というコピーに惹かれたんだが、

淡水魚の水族館といえばわが滋賀県の誇る琵琶湖博物館がある。ここを超えるのか?と半信半疑。

はなしのネタ、ちょっとした暇つぶしだと思ってクルマを走らせる。

一時間ほどで到着。なかなかりっぱな建て構えだ。

で、実際は・・・

家族4人全員一致でアクア・トトの勝ち!

淡水魚の宝庫・琵琶湖を抱える滋賀が岐阜に負けるとは・・・

琵琶湖博物館の展示は通路が広く明るいのだが、ここは少し狭くて暗い。おかげで水槽の明るさが引き立つ。レイアウトも凝っていて見やすく、中にいる魚も結構な大きさだ。

ぴらにあ
コリドラス
へんなかお


淡水魚といえば地味なイメージだが、じつはけっこう渋くて奥が深くじっと見てても見飽きない。ある意味ツウの水族館だ。

じっくり見すぎてアシカショーを見逃してしまった(アシカは海の生物だったと思うが・・・)

一通り見終わって時間を確認しようと携帯を取り出すと一通のメールが。

珍しいヤツからだ。なんだろ。ん?

「なんだとうううっっ!!!」


Part2につづく・・・



日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。