Ninja1000でいつまでも。

へっぽこ親父ライダーの慎ましいバイクライフ第二章

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真夏でも汗だくで走り回れなければ真のライダーとは言えない?

昨日はチビをプールに連れて行ったんで、今日は文句も言われずにバイクに乗れることになったんだがしかし。

天気予報では午前中に早くも30℃を超えるとな。

できるだけ早く出発して標高の高い所へ行くのがいいかなと、今年初めての鞍掛峠へGO。

これ正解。犬上川の清流を横目に緑の濃い山道を走っていると明らかに体感温度は低い。

佐目トンネルや鞍掛トンネルは強冷房。

DVC00180b.jpg
DVC00179b.jpg

峠道は雨で通行止めになってたりしたのでゆっくり慎重に(ホントは恐いだけ、峠は好きだけど走りは超ヘタレ)
やっぱり何箇所か片側通行になってたものの、交通整理のおじさんがすばやく通してくれるので、信号待ちでイラつくこともなくあっという間に三重県へ。

いつもはすぐにUターンして帰るところが、気持ちがいいので少し走ってみることに。

地図で中里ダムなるものを発見したので行ってみると

DVC00181b.jpg
微妙。

駐車場はアスファルトの隙間から草がボーボーと生えていてとても人が頻繁に訪れているとは思えない雰囲気。
案内板もひどく色あせてるし・・・

それでもバイクを降りて水辺に近づくと「ごぼっ」とでかい音をたてて水面に大きな波紋が。
なんか知らんがごっついもんおるできっと。
正体が気になるものの確かめるすべもなく、あきらめて引きかえすことに。

しかし、いつも見ている山並みを反対側から見ると不思議なもので、滋賀が山に囲まれていることを改めて感じさせられます。
来年春にはR421にトンネルが開通するらしいので、東近江からいなべに抜けて多賀に戻ってくるというプチツーコースが出来そう。今から楽しみ。

帰りも鞍掛越えでマイペースで峠を楽しんできました。

家の近所まで帰ってきたのが10時過ぎ。昼までまだ少し走れるがすでに背中がジリジリしてきてあまり楽しめそうにないので帰宅。それでも120kmほど走れてたのでまあ満足か?

夏が終わるまではこんな感じの朝ツーばかりになりそうな予感。

盆休みに若い仕事仲間が地獄のツーリングを計画しているらしいが、オジサンは熱中症で死にたくないよ・・・



















































































スポンサーサイト
Ninja250R | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。