Ninja1000でいつまでも。

へっぽこ親父ライダーの慎ましいバイクライフ第二章

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

うなツーin三方五湖

午前中曇りで午後からの降水確率60%
こんな日にツーリングを強行したのには訳が。

今回の主役は友人のさんご君。
限定解除で大型免許を取得しRZV500でブイブイいわせてた彼もバイクを降りて十数年。
ドカの696に憧れ、いつかの復活を夢見る彼の耳元で
「ニンジャええで。ニンジャに乗ろ。もうニンジャ買ってしまえ。」と呪文のように囁き続けて一年余り。
中古の250を買うのが現実的だと悟った彼から突然の質問。
「ホーネットってどうなん?」
「あんたの苦手な4気筒やで?ニンジャにしといたらええやん」
「ニンジャはまだ高い、それに今乗ったらどんなか興味ある。レンタルバイクで借りてくるからツーリング行こ」

ツーリングに行くから早くバイク用意しろって言ってたのはこっちだが、そういう手でくるとは・・・

さんご君とワタシの都合を合わせると24日の日曜が最適。天気もよさそうだし。
って「レンタル予約してきたで」の報告を受けたあと雲行きが怪しくなるもすでに変更不可。
京都までわざわざバイクを借りに行くさんご君の心意気に免じて強行軍。
(草津のレンタル屋にはホーネットがなかったんだって。大型免許取得者がわざわざ250借りる不自然さはこのさい目をつぶってください・・・)

行き先は三方五湖。目的はうなぎ。くねくねX2だ。

当日朝。起きてすぐ外を見る。やっぱり曇りだがまだ雨は大丈夫。どうかこのまま降らないでと祈りながら、約束時間少し前にさんご宅へ。
遅刻の常習犯がもう外でスタンバイしてる。さすがやな。

湖岸を走りながら北上し、水鳥ステーションで小休止して程なく三方五湖に到着。
レインボーラインの入り口で「途中でヒヤッとするところあるかも、ゆっくり行くで」とさんご君に声を掛け
前を走ると、さんご君も付かず離れず付いてくる。
こっちはけっこう一生懸命なのに十年振りで初めてのバイクで付いてくるなんて、よっぽど俺が遅いのか?
ヤツが本気で走ったら軽くチギられてしまうんだろな。

第一駐車場に入ると車もまばらでバイクは一台もいない。
去年ソロで来た時は停める場所もないくらいいっぱいやったのにやっぱり天気のせいか?

この天気じゃ景色もいまいち。海の色は鉛色。
せっかくなので去年撮ってUPしそこねた写真でも載せときますか。

IMG_0305b.jpg
IMG_0296b.jpg
IMG_0297b.jpg

せっかく700円払って上がってきたので(去年はキャンペーン期間中?かなんかで300円やった)
少し走ろうと料金所間を1往復半する。
途中でさんご君に前を走ってもらうとあっという間に追いつけなくなる。
やっぱりヤツは只者ではない。てか俺遅すぎ?

くねくねを楽しんだ後は本日のメインうなぎだ。

三方湖畔の気持ちいい道を走り、お目当てのうなぎ屋淡水

DVC00218b.jpg

ちょうど昼時でほぼ満席。座敷の端の二人がけが空いたのですべりこむ。
しかしお品書きを見て一瞬固まる。ネットで調べたら3150円だったうな重上が3625円だったけかもうショックで覚えてない。お互い顔を見合わせてうな重並を注文。ああ小市民。

DVC00217b.jpg
キターッ!!
思えば外でちゃんとしたうな重食うのって何年ぶりや?
外はパリッと中はふわふわ。スーパーのうなぎじゃ絶対味わえない食感。タレの甘さも俺好み。
早くも上を頼まなかったことを後悔。並でこんなに美味いんだから上はいったい・・・
まあ来年の楽しみにとっておこう。

腹も膨れて幸せ。外に出てみるとまだ雨は降り出してない。
ここからはバイクを交換してさんご君にニンジャを体験してもらう

当の本人はホーネットが以外に好感触だったようで、さてどんな結論が出るか・・・

DVC00219b.jpg
さんご君のホーネット。やっぱり極太のリヤタイヤが逞しくてかっこええ。フロントタイヤがニンジャのリヤと同じ太さなので反対に並べて比べて見ようかと思ったが、悲しくなるのでやめにした。

さて、ホーネットの感想ですが、これが結構楽しい。16000まで一気の吹け上がるエンジンはまさに官能的。
ワタシの最初の愛車CBR250Fourの末裔とは思えないほど低速からトルクもあり非常に乗りやすい。
ただカムギヤトレインの音なのか、クルージング時でも常に高周波音が耳につき疲れそう。カウルがないので快適な速度域はニンジャより10?20km/hは低目かな。やはりワタシ的には圧倒的にニンジャの勝ち。

さんご君の感想も同じようなもので、本人いたく困惑。ニンジャ欲しいけど金が・・・
彼がどんな結論を下すのか楽しみに待つとしよう。

バイクを交換してしばらくするとポツポツと雨が。とうとうきやがったか。
それでもR27からR303を走っている間はアスファルトが濡れてしまうほどではなく、そんなに怖い思いもしなくて済んだのだが、R161まで出るともうだめ。
本当ならここからまた北上して、メタセコイア並木?海津大崎?奥琵琶湖パークウェイと行きたい所だが、あきらめてR161を南下。
堅田でバイパスを降りて道の駅米プラザで一休み。
さんご君久しぶりのバイク&ツーリングでやっぱり疲れたようで、コーヒー飲みながら魂抜けてる。

西の空が少し明るかったのでもしやと期待したが、いっこうに雨は止みそうにないので重い腰をあげ出発することに。

さんご君はこのままバイパスでバイクを返しに京都へ。ワタシは琵琶湖大橋を渡って帰るのでここでお別れ。
ちなみにさんご君も東近江市民です。

帰りはただただつらいだけ。でもニンジャでよかったフルカウル万歳。

ちょっと心残りなツーリング。近いうちにリベンジだ。

さんご君、早くニンジャ買わないとハイシーズン終わっちゃうで!!







スポンサーサイト
Ninja250R | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。