Ninja1000でいつまでも。

へっぽこ親父ライダーの慎ましいバイクライフ第二章

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

タイヤ交換しました

すっかり寒くなりましたね。雪も降ったし。

このまま冬眠してしまおうかとも考えましたが、やはり寒くても天気のいい日は跨りたい。
って事で、擦り減ったタイヤを交換しました。

安売り量販店なんて無い田舎。ネットで購入して持ち込み交換も考えましたが、めんどくさいので

ちょっとお高いの覚悟でいつものバイク屋さんにお願いしました。


選んだのはもちろんツーリングタイヤ。

7000キロでツルツルなんてかないませんwww

本命のBS、BT-023は予算オーバーでパス。

パターンが気に入ったピレリのエンジェルはライフが心もとないので、

やはり評判のミシュラン・パイロットロード3で決まりかと思いきや

「2なら安くなりますよ」とショップの社長さん

その差額1万円以上

3があるので今更感大なのですが、ライフとドライグリップは遜色ないということなので
コレに決定

で、先週の日曜に寒い中、交換しに行ったわけです。

その日はショップ裏手のオフロードサーキットでレースがあったのですが、寒すぎて観戦する気にもなれず
店内でまったりとダエグ限定車を眺めたりして待つことしばし。

気づくとフロントの交換は終わってリヤタイヤが無くなっていたので、もうすぐだねと思っていると突然スタッフが神妙な顔で店内へ。

ス:「大変申し訳ない」
も:「ん?」
ス:「タイヤのサイズが違ってました・・」
も:「え? はぁ? ちょっと待ってよ」
ス:「本当にすいません・・・」

なんと、注文の再に190/50と180/55を間違えたらしい。

見積もりの時には確かに190だったのにどこでどう間違えたか・・・

店内にはニンジャの新車も置いてあると言うのに。


どうやら社長の思い込みで、ニンジャ1000のリヤは180と言うことになってるらしいorz


じたばたしても仕方ない。

その日は皮むきがてらちょっとだけ走って帰るつもりだったので、ニンジャはそのまま店に預けて代車で帰宅。

後日納車してもらうことになりました。



代車というのが空冷単気筒のボルティ。

軽くて足つきいいし、なんとも平和な乗り味で、帰り道はそれなりに愉快ではあったのですが、
ポジションが合わなくて腰が痛くなってくるし、やはり足が遅いので寄り道せずにまっすぐ帰宅。

嫁様は興味津々で「ちょっと乗ってこようかな」などと言ってましたが、支度がめんどくさいと断念。
季節が季節なら嫁様の愛車になってたかもwww


ニンジャのほうは翌水曜日に戻ってきたのですが、明るいところでタイヤをじっくり見るのは今日が初めて。

r.jpg

基本パターンは3と変わらないですね


f.jpg

フロントの細かい溝が無いのでいたって普通

雨の日も標準のBT-016より強そうな気がします



少しだけ時間が出来たのでいつものコースへ皮むきに

20キロほど走った後
ヒゲ

こんな長いひげが生えてるの初めて知りました(笑)

まだ50キロ弱で皮むきも終わってないのでなんですが、

ハンドリングは軽くなったようですね
ハイトが高いのか足つきが悪くなったような・・・

かんべの常連さんが言うことには、バイクが勝手にスッと寝てくれて気持ちいいとのこと。

今日は怖くて寝かせられませんでしたが、皮むき終わってからが楽しみ。


とはいえ峠はまもなく雪で閉ざされます。

クネクネでフィーリングの違いを確認できるのは来年の春かな?(笑)

スポンサーサイト
Ninja1000 | コメント:10 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。